ヨガ先生@ヨガの個人塾
呼吸

癒しについて。呼吸を意識して緊張に気づくき、緩めましょう。

どうも( ̄▽ ̄)

ヨガ先生@ヨガの個人塾 (@KJ70043978) | Twitterです。

 

今日は、癒しについて書いてみようと思います。 
そもそも、癒しとは何でしょうか?
 
Goo辞書によると、
 

癒し
 
肉体の疲れ、精神の悩み、苦しみを何かに頼って解消したり、やわらげたりすること。

とあります。
 
 
やわらげること、つまり、ゆるむことです。
反対は、緊張。これはストレスです。
 
 
もちろん、ゆるみっぱなしだと社会に適応できなくなります。しかし、緊張し続けると、いろんな不調が出てきます。
 
 
必要な時に、ゆるみ、必要な時に集中する。

このバランスが重要です。

● 身体と心はつながっている
 
 
ネガティブな感情は、緊張として身体に現われます。そして、緊張し続けた状態が続くとそれが当たり前となり、緊張していることに気が付かなくなります。
 
お腹、横隔膜が硬くなると、呼吸が浅くなり、内臓も鬱血しやすくなります。
 
 
無意識の過緊張の状態が続いていると、肩の力を抜いてくださいと言われても、なかなか抜けないものです。余計に緊張してしまったりします。
 
 

●緊張させてから、緩める。
 
一度緊張させてから力を抜く。これが、リラックスのコツです。
 
肩がこっていたら、息を吸いながら肩をギューッと持ち上げて緊張させる。
 
そして、ゆっくりと吐きながら、後ろにまわすようにしてストンと下します。
 
 
緊張と、弛緩です。
 

心身がゆるみ余裕ができると、新しいものが入り込む余地が生まれます。
 
 
また緊張に気づくには、呼吸に意識を向けていると良いです。短く、浅くなっている時は、心が乱れていて、緊張しているものです。
 
そんな呼吸に気が付いたら、一度口からはぁ~と全部吐き出して、鼻からゆっくりと吸います。
 
吐くときには、いらない感情も一緒に吐き出すイメージで。
 
 
次に吸うときには、新鮮な空気で肺が満たされるイメージを使います。
 
 
2~3回でも充分な効果があります。
 
ゆったり呼吸は、人目を気にせずどこでもできるのが良いところです!
 
是非、試してみてくださいね( ̄▽ ̄)
 
 
● 実践ワーク
 
 
自分の緊張(集中)と弛緩のバランスを観察してみましょう。どちらかに、偏っていないだろうか?
 
 
呼吸をバロメーターにして、チェックします。
 
 

浅い、速い、止まっているなど緊張が多い場合は、呼吸を深くしたり、微笑んだりしていると、緩みやすくなります。
 
ヨガなどで呼吸を意識しながら動くと、より効果がありますよ( ̄▽ ̄)
 
 
緊張(集中)が足りない場合は、背筋をスッと伸ばして歩いてみる。

 

また、両手をバンザイして、指と指の間もギュッとひらいて、目線も上に。
 
元気玉のポーズです(笑)
 
 
元気玉だけに、ホントに元気になります。
 
 
ぜひ、試してみて下さいね♪

 

 

本日もゆったり呼吸で穏やかな一日を〜
 

ABOUT ME
ヨガ先生
ヨガ先生
脱サラ⇨ヨガ講師⇨破産笑⇨副業サラリーマン⇨再脱サラ予定/リーマン暦18年ヨガ暦15年気功整体3年/自分とまわりがほっこりしあわせ/コミュニティメンバー募集中⇨参加希望者はDM/#呼吸リマインダー/#プチヨガミッション/ゆっくり吸って、ゆっくり吐きます/ヨガの個人塾⇨カウンセリングあなたにあったヨガを提供⇨詳しくはDM
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村 LINE友達募集中( ̄▽ ̄) 友だち追加