ヨガ先生@ヨガの個人塾
ヨガ哲学

体感は、目印

どうも( ̄▽ ̄)

ヨガ先生@ヨガの個人塾 (@KJ70043978) | Twitterです。

 

最近思うのですが『痛みや病気が無い=健康』ではないなと( ̄▽ ̄)

 

健康とは、ただ呼吸をしたり、歩いたりするだけでもここちよい状態。身体の内側から、じわ~っとしあわせになる感じ。

 

何かを頼まれたり、しようとした時に腰が軽くてスッと動ける状態。

 

ヨガや施術の勉強を通して、少しづつそういう『健康』な状態に近づいている感覚があります。

 

もっと快適な状態になれたら、もっと生きるのが楽しく楽になりそうです。

 

● 体感して気が付く

 

私の健康観が変わったのは、ヨガをしたり、ボディーワークを体験したり、施術を受けてとても快適な状態を『体感』したからです。

 

あっ、身体ってこんなに快適になるんだ。

歩くのがとても楽で、ここちよい。いくら歩いても疲れないから、いつまでも歩いていたい。

 

呼吸がここちよい。座っているのが楽で、どんどん呼吸が深くなっていく。

 

頭がスッキリする。

 

なんだか、ほっこりしあわせ。

 

 

私のヨガの師匠は、こんなことを言っていました。

 

『練習のための練習ではなく、日常生活が快適になるように練習しなさい。』

 

あなたが何かに取り組んだあと、心身は楽に快適になっているでしょうか。

 

自分が長年かけて作ったギコチナイ動き、硬い思考は、結構根深いものです。これは、現代社会の便利すぎる環境や、常に競争に晒されていて緊張しやすい職場の影響が強いです。

 

一度調整しても、徐々に『元の緊張状態』に戻ろうとします。理のない状態になったら、気づいて修正。崩れたら、スッと直す。

 

繰り返し快適な状態を作ったら、それが当たり前になっていきます。コツコツ鍛錬を続けましょう。

 

● 体感することの意義

 

一度ここちよい状態を『体感』しておくと、進むべき方法の目印ができるように思います。

 

ああ、この感覚かと思い出せるようになります。

 

独力でここに気づくのは難しい。
というかそもそも、人間はひとりでは生きられないですし。頼っていいんだと思います。

 

ここちよさを『体感』するには、ここちよさを体現している先生に学ばれるといいと思います。

 

『体感』は、体感しないと実感出来ないです。美味しいラーメンについて、いくら熱弁を振るったり、文書で書いても、やっぱり食べれないと残念です笑

 

口伝や感覚については、直接教わるのが良いと思います。

 

文章や、お話は『それ面白そう!』と人のやる気に火を灯してくれるものだったり、『そうなのか!』と認識を変える気づきを与えてくれるもの。

 

本やブログなどを読んで、『やってみよう!』と思えたら、ぜひやってみてください!体感が生まれます。

 

体感と知識。両方バランス良くですね。

 

今日も穏やかな呼吸で、ここちよい日をお過ごしください〜

ABOUT ME
ヨガ先生
ヨガ先生
脱サラ⇨ヨガ講師⇨破産笑⇨副業サラリーマン⇨再脱サラ予定/リーマン暦18年ヨガ暦15年気功整体3年/自分とまわりがほっこりしあわせ/コミュニティメンバー募集中⇨参加希望者はDM/#呼吸リマインダー/#プチヨガミッション/ゆっくり吸って、ゆっくり吐きます/ヨガの個人塾⇨カウンセリングあなたにあったヨガを提供⇨詳しくはDM
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村 LINE友達募集中( ̄▽ ̄) 友だち追加