ヨガ先生@ヨガの個人塾
読書

続本屋好きと行く書店探検ツアー

以前に書いて、反響があった

本屋さんツアー続編を

お送りしたいと思います!

 

前回記事は、こちらです( ̄▽ ̄)

 

本屋好きと行く書店探検ツアー – 釧路発ヨガの個人塾

 

本の積み方、ディスプレイの仕方

カバーのデザイン、タイトル

キャッチフレーズ等々。

 

 

書店員さんの意図や

出版社の意図を意識しながら
チェックすると面白いです( ̄▽ ̄)

 

というのが、前回までのお話でした。

次は、よりマニアックな世界です笑

 

【ツアー③ ジャンル棚の探検】

 

今度は、平台を離れて

ジャンル棚に向かっていきます。

 

ジャンル棚とは、例えば実用書

とかビジネス書とかいう風に

本の種類ごとにまとめて

陳列されている棚の事ですね。

 

このジャンル棚こそ

書店員のこだわりが見える場所( ̄▽ ̄)

 

先ずは、整理が行き届いているか

を見てみます。

 

あれっ、こんなところに埃があるわ!

小姑のようですね笑

 

売れた本が、ちゃんと補充されずに
ガタガタになっていたりする

場合もありますね。

 

売り上げが高い店で、手が回っていないのか?

 

お店の意識が低いのか?

 

これは、店内のスタッフの動きを

見てると想像できます。

 

あと、ジャンル棚は基本的に

本の背表紙を向けて陳列する

『背陳列』が一般的です。

 

こだわっている店は

しっかりと分類されています。

 

 

『あっ、この本の隣にこれを置くのね!やるな~』

みたいな感じで( ̄▽ ̄)

 

マニア心をくすぐってきます。

 

棚の中で面の側を向けて見せる
『面陳列』している本を見てみます。

 

ちゃんとしている店は

意図を持ってやっていますよ。

 

はい、マニアック過ぎましたね( ̄▽ ̄)

 

【ツアー④ 著者の意図を感じる】

 

買う本を決めて探す目的買いではなく

ブラブラして、本との出会いを

楽しむのが書店ツアーの醍醐味( ̄▽ ̄)

 

書店員さんの意図に乗ってみて

適当に本を手に取ってみましょう。

 

手に取ったら

今度は著者の意図を感じてみます。

 

オススメは、目次を読んでみること。

じっくりと読んでみます。

 

目次はキャッチコピーのようなもの。

 

読者の目を引くように

いろんな言葉が散りばめられています。

 

慣れてくると、目次を読むだけで

内容がなんとなく分かるようになってきます。

 

目次を読んで良くわからない、けど知りたい!

って思う本が一番勉強になったりします。

 

マニアックな見方としては

巻末にある参考文献を見てみます。

 

すると、先程の『ジャンル棚』

での意図が発見できる場合があります。

 

 

次のお休み、是非本屋さんに

足を運んでみてください!

 

あなたの人生のバイブルに出会える

かもしれないですね( ̄▽ ̄)

 

今日もゆったり呼吸で穏やかな一日を

ABOUT ME
ヨガ先生
ヨガ先生
脱サラ⇨ヨガ講師⇨破産笑⇨副業サラリーマン⇨再脱サラ予定/リーマン暦18年ヨガ暦15年気功整体3年/自分とまわりがほっこりしあわせ/コミュニティメンバー募集中⇨参加希望者はDM/#呼吸リマインダー/#プチヨガミッション/ゆっくり吸って、ゆっくり吐きます/ヨガの個人塾⇨カウンセリングあなたにあったヨガを提供⇨詳しくはDM
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村 LINE友達募集中( ̄▽ ̄) 友だち追加