ヨガ先生@ヨガの個人塾
読書

本屋好きと行く書店探検ツアー

本を読むのが大好きな私は

当然本屋さんが好きです( ̄▽ ̄)

大学生の頃など、ほぼ毎日通ってました。

 

毎日いるからなのか

店員に間違えられたこと多数笑

お客さんに声をかけられ

本の案内したこともありました。

 

仕事が忙しくて、時間がとれず

書籍の注文は、ネットが多くなりがちです。

 

 

されど、本屋さんには本屋さんの良さがありんす( ̄▽ ̄)

たまには、アナログで情報収集もよいのでは?

本屋さんには、いろんな楽しみ方があります。

今回は、アナログならではの楽しみ方をお伝えします。

 

『本好きと行く書店探検ツアー』

のはじまりです!

 

それでは、あなたが最近行った

大きな本屋さんを思い浮かべてみてください。

 

 

 

さあ、店内に入りました!

 

【ツアー① 書店員の意図を感じながら歩く。(平台編)】

 

本屋さんには、入口付近やレジの前に大きな台がおいています。

この台を平台と呼びます。

ここには、大抵最新刊や、

話題書というのが置いてあります。

 

『これでもか!』と沢山積んでアピールするのですね。

 

オススメのものには

手書きのPOPが付いてるかもしれません。

気の利いた書店員さんがいるお店の場合

陳列にこだわっています。

本を見るだけではなく、

陳列の意図も観察すると面白いです。

 

商品のディスプレイが、

情報発信となっています。

 

どのように、陳列して『紹介』すれば売れやすいのか。

 

作家さんの新作に合わせて

関連商品を集める置き方。

流行っている『キーワード』で括って置く方法。

話題作の発売に合わせて、その本の文中で紹介されていた本を隣に陳列する方法。

本の積み方も、店によって特徴があるので見比べると面白いですよ~

 

【ツアー② 今度は、出版社の意図を感じてみる。】

 

次は、本そのものにフォーカスしてみましょう。

興味がない分野でも、

手に取ってみるのがコツです。

 

ここが重要!

 

ネットでの検索ではない

アナログの醍醐味は偶然の出会いです。

まずは、タイトルをみてみます。

タイトルは、『キャッチコピー』です。

 

出版社がその本を売るために

必死に考えたもの。

 

その本が、どんな層の人に向けて販売しようとしたものなのか?

 

ビジネスマンなのか。

主婦層を狙っているのか。

あるいは、高齢者層なのか。

それによって、使われる言葉が変わってきます。

本の下の方に『帯』がついています。

これも、『キャッチコピー』

その本を読むとどういう知識が得られるのか?

どんな、利益があるのか?

タイトルよりも、ちょっと扇動的に書かれていると思います。

 

『●●氏推薦!』みたいに、

有名作家の紹介を載せる場合もありますね。

次は、カバーのデザインに目を向けてみます。

目につくけど、下品な印象を与えるデザインもありますね。

反対に、清潔感を感じるデザインもある。

気の利いた出版社ならば、

もちろんこのあたりも計算しています。

演出がかかっているのです。

本を持った時の感触。

オシャレな作者さんの場合、

本の手触りを計算している場合があります。

 

 

ちょっと長くなってきたので、

続きはまた今度にします( ̄▽ ̄)

 

今日も呼吸ゆったりな

良い日をお過ごしください〜

ABOUT ME
ヨガ先生
ヨガ先生
脱サラ⇨ヨガ講師⇨破産笑⇨副業サラリーマン⇨再脱サラ予定/リーマン暦18年ヨガ暦15年気功整体3年/自分とまわりがほっこりしあわせ/コミュニティメンバー募集中⇨参加希望者はDM/#呼吸リマインダー/#プチヨガミッション/ゆっくり吸って、ゆっくり吐きます/ヨガの個人塾⇨カウンセリングあなたにあったヨガを提供⇨詳しくはDM
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村 LINE友達募集中( ̄▽ ̄) 友だち追加